ロボアド投資

【解説】ウェルスナビとは、どんな資産運用?

こちらは、ウェルスナビ、徹底解説!の記事です。

私は別の資産運用をするためにウェルスナビを一旦解約しましたが、落ち着いたらまた積み立てようと思い、再度調べてまとめました。

→2019年10月運用再開しています。

プロの投資サービスを格安で受けられるウェルスナビ。

手数料が高いと言われることもありますが、実際に手動で全く同じ運用をするとしたら、とても大変です。

こじろー
こじろー
ボーナスをそろそろ資産運用に…
しろすけ
しろすけ
仕事が忙しくても簡単な設定で始められるからね
  • まずは、ウェルスナビの基本を理解
  • 運用のカナメ、リスク許容度を理解
  • そして、積み立てる!

\自動引き落としで積み立てよう/
WealthNavi

ウェルスナビのはじめかた〜口座を開設しよう〜 簡単にはなりましたが、必要なこともいくつかあるので準備してからやってみましょう。 ウェルスナビ口座開設の準備 用意す...

ウェルスナビとは

ウェルスナビが生まれた理由

ウェルスナビCEO柴山氏のアメリカ人妻の両親が、若い頃から約30年コツコツ資産運用をしてきた結果、柴山氏の両親の10倍もの資産格差があったことが大きなきっかけらしいです。

しろすけ
しろすけ
長期運用、若い頃からの資産運用の大切さに気付いたんだね
こじろー
こじろー
アメリカはいいなぁ。日本だとお金の話がしにくい…

ウェルスナビの基本情報(2019年10月時点)

2019年10月時点
  • 預かり資産1,800億円を突破
  • 24万人以上が利用中
  • 10万円から始められる
こじろー
こじろー
預かり資産1,800億円って…
しろすけ
しろすけ
単純計算だけど、手数料だけで年間18億円稼いでる!

勘違い?ウェルスナビはAIではなくロボット

よく間違われるのが「ウェルスナビってAIだからすごい」という勘違いです。

ウェルスナビはAIが運用しているのではなく、ロボットアドバイザー(ロボアド)です。

AIというのは人工知能のことで、自分で学習し、成長していきます。

ロボットというのは、あらかじめ決められた動作を行うものです。

しろすけ
しろすけ
つまり、人間が十分に精査した資産運用プログラムで動くってことだね
こじろー
こじろー
感情なしで運用してくれるから、怖くなって売買で失敗することがないね

ウェルスナビのメリット

全部まかせられる

資産運用で一番頭を悩ます、「何にどれくらい投資するのか」というのをすべて自動でやってくれます。

私たちがすべきことは、ただ口座にお金を準備するだけです。

運用内容が明確

お金を準備するだけで簡単に始められるので、「知らないうちに何か怪しい商品を買わされているのではないか」と不安になるかもしれません。

そんな心配は不要で、ポートフォリオ(何をどれだけ買っているか)を明確にわかりやすく表示してくれます。

その細かい内容も、気になれば調べることができます。

始めやすいし、やめやすい

ウェルスナビは簡単な設定で、最短2営業日で運用開始できます。

解約や出金についても操作が簡単です。

よく耳にする「iDeCo」は節税になりますが、基本的に定年するくらいまで積み立てっぱなしで、50万円だけ引き出したいなどの融通がききません。

ウェルスナビは、100万円運用していて、30万円が必要になった場合、30万円だけ出金することが可能です。

運用中の一部金額を出金することができますが、翌日に引き出せるわけではないです。最短3営業日ほどかかるので要注意!
ウェルスナビのはじめかた〜口座を開設しよう〜 簡単にはなりましたが、必要なこともいくつかあるので準備してからやってみましょう。 ウェルスナビ口座開設の準備 用意す...

ウェルスナビのデメリット

元本割れの可能性もある

いくら安全と言われる資産運用でも、元本割れの可能性はつきまといます。

これは投資をする以上、避けれらないものです。

ただし、元本割れ(損する)可能性があるからこそ、利益を期待することができることを忘れてはいけません。

向いてる人・向いていない人

そもそもなぜ、私たちはウェルスナビに興味を持っているのでしょうか。

  • もう働かなくてもいいくらいに資産運用で稼ぎたい。
  • 年金が少なくて、将来が不安だから少しでも足しにしたい。

この二つの理由では、期待する利益の金額が全然違ってきます。

少なくとも、ウェルスナビは後者「将来のために長期運用して増やす」のに向いています。

すぐにお金が欲しい人や、たくさんの利益を得たい人は、ウェルスナビよりもハイリスクハイリターンな運用方法を探さなくてはいけません。

どうやって資産を増やしてくれる?

資産を増やす↑

資産が増える要素としては大きく二つあります。

  • 投資先(運用商品)自体の価値が上がること
  • 分配金や配当金など

投資先自体の価値は毎日変動します。

ウェルスナビを始めたら、「資産の状況はどうかな?」と毎日確認したくなるかもしれませんが、振り回されるだけなので、気にしないようにしましょう。

分配金配当金は、投資先によって、支払われる頻度が異なります。

毎月(米国債券(AGG)など)、3ヶ月ごと(米国株(VTI)など)となります。

資産を減らす↓

資産が減ってしまう要素は一つです。

  • 投資先(運用商品)自体の価値が下がること

有名なリーマンショック、不景気や業績悪化などの理由で資産価値が下がってしまいます。

ウェルスナビを始めるときに考えること

投資予定額と毎月の積立額

投資予定額:最初にいくら入金して運用を始めるか(例:10万円)

毎月の積立額:毎月、いくら積み立てるのか(例:3万円)

10万円で始めて、毎月3万円積み立てたら、1年後には46万円での運用を行っていることになります。

また、積立額や頻度は、月に1回や月数回など好みに合わせて選べます。

リスク許容度

次項で詳しく解説しますが、ウェルスナビの公式ホームページでリスク許容度の診断を無料で行うことができます。

しろすけ
しろすけ
最短1分で無料診断してくれるって
ウェルスナビのはじめかた〜口座を開設しよう〜 簡単にはなりましたが、必要なこともいくつかあるので準備してからやってみましょう。 ウェルスナビ口座開設の準備 用意す...

リスク許容度について

リスク許容度とは

しろすけ
しろすけ
リスク許容度が小さいほど、最悪の場合に損する金額も小さいし、期待できる利益も小さい。リスク許容度が大きいほど、最悪の場合に損する金額も大きいし、期待できる利益も大きいよ。
こじろー
こじろー
う〜ん。人生最大の選択

投資における「リスク」とは、「不確実性」を意味しており、リスク許容度とは、どの程度の不確実性を受け入れるか示したものです。

ウェルスナビにおけるリスク許容度は1〜5まであり、数字が大きいほどリスク・期待リターンが高いことになります。

1が低リスク低リターン、5がハイリスクハイリターンとなります。

リスク許容度、みんなどうしてる?

2018年6月時点の情報になりますが、およそ半数の方がリスク許容度5(リスク・期待リターンがもっとも高い)で運用しています。

やっぱり、運用するなら多くの利益を期待したいと思いますよね。

リスク許容度は無料診断してもらえる

しろすけ
しろすけ
最短1分で無料診断してくれる

画面にしたがって選ぶだけです。

何回でもできるので、いろんな選択肢を選んで試してみるといいです。

自動積立によるメリットは?

自動で引き落としによる手間の省略

毎月積み立てたいと思っても、自分で入金して積み立てて…は面倒くさくて忘れてしまいます。

ウェルスナビなら、「あ、今月積み立てるの忘れてた!」なんてことはありません。

お金が毎月貯まっていく感じがいい!

こじろー
こじろー
少しずつ、お金が貯まっていく感じがいいよね
しろすけ
しろすけ
仮に資産価値が落ちても、毎月貯めているとリスク分散にもなるしね
ウェルスナビのはじめかた〜口座を開設しよう〜 簡単にはなりましたが、必要なこともいくつかあるので準備してからやってみましょう。 ウェルスナビ口座開設の準備 用意す...

運用を始めたらココを見てみよう

しろすけ
しろすけ
始めたら全部おまかせのウェルスナビだけど、細かい運用内容を確認することができるんだ

入ってくるお金、出ていくお金、すべて簡単にスマホやパソコンで確認することができます。

積み立てたら購入内容を見る

しろすけ
しろすけ
毎月の積立金額で何をどのくらい購入して運用しているかを確認することができるんだ
こじろー
こじろー
ふ、ふーん(よくわからない)

ときどき、分配金も確認

しろすけ
しろすけ
スマホで手軽に確認できるからいいね
こじろー
こじろー
分配金、ウハウハ

毎月月初に手数料も

しろすけ
しろすけ
ついでに手数料も見ておこう
ウェルスナビのはじめかた〜口座を開設しよう〜 簡単にはなりましたが、必要なこともいくつかあるので準備してからやってみましょう。 ウェルスナビ口座開設の準備 用意す...
しろすけ
しろすけ
若い人やもっとお金を得ている実感が欲しい人は、リスク高めの運用も検討しよう
こじろー
こじろー
失敗してもやり直せる金額で始めるのがいいね
ウェルスナビと並行して運用しよう
FX自動売買トラリピのすべて(利益と設定)資産運用で今いちばん大好きなトラリピ! 資産の価値が上下するウェルスナビや株とは違って、現金を得ている感が強くて好きです(´∀`)...
新しい資産運用

今一番、資産運用で注目している「トラリピ」をご紹介します。

それぞれにあったスタートラインから、リスクをコントロールして運用できます。

私は30万円から始めました。少額運用からコツコツ運用額を増やしています。