ブログ×収益

ブログ君、きみウチで働かない?稼ぎはないけど、衣食住つきだYO!

ブログで稼ごう!とか、ブログに稼がせよう!と思いすぎると絶対に続かない

大切にして、育てていきたい。そんなお話

こじろーぶらっく
こじろーぶらっく
ぼくらでスカウトして、マネジメントしていくんだね
まっくろしろすけ
まっくろしろすけ
…そのグラサンどこで買ったの

ブログも、働く人間と同じ

ブログを適当にそこに置いて、ほら稼げるんだろ?なんていうのは無茶な話

そんなのは従業員を大切にしない、ブラック企業と同じです

24時間365日、働いてもらうんだから、愛情をもって接しよう

良いときも悪いときも、よろこびもかなしみも共有して一心同体を目指します!

まっくろしろすけ
まっくろしろすけ
自分にとってのブログはどういう存在か考えてみよう

ブログは「モノ」だけど、そこに思いとか込めてやると「命」が吹きこまれます

ブログに命を与えることは、自分の分身をつくること

それが読み手に伝わったら読んでもらえるんじゃないかな

こじろーぶらっく
こじろーぶらっく
グチばっかりでもいい?
まっくろしろすけ
まっくろしろすけ
グチばかり書かれるブログがかわいそうかも

ブログに快適に働いてもらうために

ブログで稼ぐつもりなら、ブログに快適な労働環境を提供したいところです

衣食住を保証します(企業理念)

衣(ファッション!)

ブログにとってのシャレオツな制服を提供します!

ワードプレステーマ「JIN」(有料テーマ)による「イマドキ」で「おしゃれ」な制服を無償で着られるよ

食(グルメ!)

ブログにとってのおいしい食事を提供します!

良質な文章と画像を(不定期だけども)ご賞味ください

毎日はあげられないし、お口に合うかはわからないけど、添加物不使用です

住(タワマン?)

ブログにとっての居場所と住所を提供します!

つまり、サーバー(物理的な居場所)とドメイン(住所不定から卒業)です

社宅じゃないよ、エックスサーバーで借り上げてるよ

4畳一間のアパートじゃなくて、そこそこマンションだ!

まっくろしろすけ
まっくろしろすけ
採用条件はブログであることのみ!

自分へのメリット・誰かへのメリット

自分ですら忘れてしまう自分のことを残せる

まっくろしろすけ
まっくろしろすけ
10年前の今日、なにを考えてなにをしていたか覚えてる?

あたりまえですが、自分の知識や経験は自分の中にあります

だれにも話さないかぎり、自分の中にしかありません

どこかに書かないかぎり、自分の中にしかありません

どれだけ苦労して調べたことも、悩んだことも、時間がたつと忘れていくものです

その時の想いは、自分でさえ、そのときしか正確に覚えていることはできません

なぜ、そのときそれを選んだのか、忘れてしまうんだったら、ちょっと書き残したくなりませんか

こじろーぶらっく
こじろーぶらっく
じつは、むかし泊まったホテルがよかったからまた泊まりたいんだけど、名前が思い出せないんだ
まっくろしろすけ
まっくろしろすけ
日記みたいなものでも、実際に泊まった人の意見だから人の役にも立つかも

誰かのために残せる

グーグルで検索したときに、微妙にココだけわからん!

とか、単語の意味がわからんとかありませんか

何かをするときに、1、2、3だけの手順でできる人もいれば、

0、1、1.5、2、2.5、3の手順が必要な人もいます

自分が後者だった場合、苦労して調べたことをすべて書いておけば、

同じ境遇の人はその記事だけ見れば終わりです

まっくろしろすけ
まっくろしろすけ
いちいち検索画面にもどってまた探すのめんどくさいよね

衣食住のコストをペイできたら儲け

いま書いているブログは赤字です

サーバ代もドメイン費用もワードプレステーマ代も自分の時間も

ほとんど広告貼ってないってのもあるんですが

広告はると、読んでる途中で意識が一瞬広告に持っていかれる気がしてあまり貼ってません

いまは、広告よりも魅力的な記事を書ける気がしないんだ

広告って興味がある内容で表示されたりするから、ちょっと気になるじゃないですか

でも、何らかの形で不自然じゃない広告を貼ることにより、収益をあげることができて、コストを上回る収益が出たら嬉しいですね

まとめ

つまりなにが言いたいかというと、

ブログに対して、誠心誠意を尽くしていたら、きっと答えてくれる!

…ハズ

ってこと

こじろーぶらっく
こじろーぶらっく
ブログくん、生活費くらいは自分で稼いでほしいけどね
まっくろしろすけ
まっくろしろすけ
ぼくらは資産運用とかトレードに集中しよう

おしまい

新しい資産運用

今一番、資産運用で注目している「トラリピ」をご紹介します。

それぞれにあったスタートラインから、リスクをコントロールして運用できます。

私は30万円から始めました。少額運用からコツコツ運用額を増やしています。