資産運用まとめ

【令和に始めよう】おすすめ資産運用4選

22歳で株式投資を始め、投資信託やFXトレード、最近は自動売買を経験して、投資歴8年目に突入!のしろすけがお送りする「おすすめ資産運用」の記事になります。

こちらでは、私が今までやってきた全ての投資の中で、今勧めるならコレだという物をおすすめ順に紹介していきます。

失敗を糧にして、投資を始めた22歳の頃よりは比較的安全な運用方法をとれるようになってきたと思っています(´∀`)

しろすけ
しろすけ
あの頃は若かった…

しかし、資産運用において、リスクを取らずしての利益はありえません。

以下では、リスクに見合った利益を期待してのおすすめ資産運用になります。

【TOP4】おすすめ資産運用

時間を味方に。自動売買「トラリピ」
FXの自動売買は正直なところ、システムトレードで懲りていました。(50万円を40万円まで減らしてやめた(´・ω・`))
もう自分しか信じない!とFXからは遠ざかっていましたが、トラリピに出会って、30万円で少しずつ勉強し、その利益率の高さと自動売買の良さを実感しました(´∀`)
FXといえばギャンブル色が強く、一発当ててやる!というイメージでしたが、トラリピは設定内容にしたがってコツコツ利益を積み重ねる、堅実な資産運用になります。
利 益
現金を得ている感覚が最も強い。
リスク
レバレッジ取引のため高め。
手軽度
最初の設定時は資金に合わせて運用を考える作業がある。
再現度
設定をマネれば誰でも同じ運用が可能。

詳しくみるはじめかた

配当金を貯める。株価指数CFD「FTSE100」
私は3回に分けて「FTSE100」という銘柄を購入し、60万円での運用を行っています。
配当金は、あれば毎週水曜日に発生し、口座に残高として入ってきます。
時期によって金額の大小はありますが、持ち続ける限りは、配当を着々と貯めていくことができます。
利 益
毎週水曜日に配当金が入ってきて口座残高が増える。
リスク
レバレッジ取引のため高め。
手軽度
最初に買ってしまえば、あとは放置可能。
再現度
買うタイミングでFTSE100自体の評価損益に差が出る。

詳しくみるすぐ始める

資産運用の元祖「株式投資」
新社会人になった22歳に初めて「お金の世界」を体感した株式投資です。
当時は、「資産運用といえば株式投資!」しか頭になかったので、使い慣れていた楽天で株を始めた記憶があります。
聞いたことのある銘柄や優待銘柄を少ない資金で買っていきました。
最近は株主優待目当ての株しか触っていませんが、今までで95万円ほど得ています。
利 益
個人の裁量によるところが大きい。
リスク
株価の暴落による資産価値低下が心配。
手軽度
株式売買は基本9時15時の間なので、会社員には厳しい。
スマホで簡単にできるので合間を縫ってするのは可能。
再現度
ここで紹介している中では一番個性がでる運用方法になる。

楽天証券ではじめる

もう有名?「ウェルスナビ」
2017年から2018年にかけて1年間、5万円ずつ積み立てていました。現在は解約し、上記のトラリピや株式投資へ資金を動かしています。
外国株の投資信託と言える海外ETFに分散投資でき、積み立てられるところが強みです。
利 益
配当金が入ってくるが、手数料もかかるため、景気がよくないとなかなか口座のお金が増えない。
リスク
一番リスクの高い設定にしても、比較的安全運転。
手軽度
運用金額とリスクレベルを選ぶだけで、簡単に始められる。
解約や出金も手数料なく簡単にできる。
再現度
設定は、大きく5種類のリスク許容度のみ。

卒論を読む積み立てる

リスクに見合った利益は後からついてくる

長期を見据えた比較的安全な運用方法は、預金代わりに運用して、老後に安心して豊かになりたい人向けです。

私は、仕事をセミリタイアできるくらいの、もっとお金を得ている実感が欲しいと思っています。

リスクをとってでも、少ない資金で確実にお金を増やしていける方法を実践し、失敗しても取り返しがつく若いうちに資産運用を固めていければと考えています。

FXでの資産運用は比較的リスクが高めですが、その高いリスクに見合った利益は後からついてくると考えています。

新しい資産運用

今一番、資産運用で注目している「トラリピ」をご紹介します。

それぞれにあったスタートラインから、リスクをコントロールして運用できます。

私は30万円から始めました。少額運用からコツコツ運用額を増やしています。